「第2建築部」の現場日記一覧 / 愛知県名古屋市 春田建設 株式会社

BLOG

現場日記 / 第2建築部

CATEGORIES

インターンシップ

第二建築部 社員大工の西島です。

7月2日(火)~7月4日(木)の3日間、私の母校である名古屋市立工芸高等学校から1名、
インターンシップに来てくれました!

体験内容は主に現場見学と大工の仕事体験です。
大工さんから寸法の取り方や材料の切り方などを教わって、
巾木の加工や建具のはめ込みなどを体験して頂きました。

logo686.png

初めて見る現場に少し緊張気味でしたが、説明を真剣に聞いてくれたり、楽しんでいる様子が伺えました。

3日間を終えて、私も高校生の頃、インターンシップに参加して緊張したのを思い出しました。
その経験が今に繋がっているので、彼にとってもこの経験が大工を目指すきっかけの一つになれば良いなと思います。
ありがとうございました!

工匠事典

Harutaの棟梁格である石走大工さんからスゴい資料本を二冊もらいました。
一冊は大工さんの道具である"さしがね"を使った規矩術の本。
もう一冊は和風建築の本です。

『暑熱順化』

主に木造の建物を現場管理しております、第二建築部の小森です。

今年の夏も猛暑が予想されており、年々厳しさが増しているようにも感じます。
現場では厳しい夏に備えるため、5月頃から『暑熱順化』を啓蒙しております。

『暑熱順化』とは、
まだ暑さが厳しくない時期から汗をかいて、身体を暑さに慣れさせていくということです。

加えて、写真のような温度湿度計を現場に設置したり、
熱中症対策応急キットも設置して、暑さ対策を早めに行っております。

logo682.jpg

近年、職人さんも高齢化が進んでおりますので、
現場に職人さんが一人の時は細目に現場巡回をしたり、連絡を取って水分補給を促し、
体調の変化を確認することも必要です。

熱中症は若い方でもなり得るので、現場に入る者全員で意識して
一人も熱中症になる人を出さないようにしたいと思います!!

感謝を忘れずに

弊社がいつもお世話になっているハウスメーカーさんのO様邸です。
地下がRC造、1階・2階は木造となっており、
様々な協力業者さんの力を借りて約1年という月日をかけ、建物が完成しました。